花粉症

【花粉症】薬を使わない対策!物理的に花粉をシャットアウトする方法

つらい花粉症。3〜4月がピークですが、スギ花粉は一年中飛んでおり、私も年中、鼻炎に苦しんでいました。

かと言って、薬を飲むと眠くなる。

薬の常用が体にいいとも思えない。

そこで、以下の方法を試したところ、花粉症の症状はかなり収まり、ずいぶんとラクになりましたので、その方法をご紹介します。

 

薬に頼らない花粉症対策は、物理的にシャットアウトすること

マスクする犬

花粉が体内に入ってきたら、アレルギー反応を起こして、くしゃみや鼻水が出ますよね。

体に入ってきてしまうと、薬を飲まなければなかなか改善しないのが現実です。

ならば、最初から体に花粉が入らないようにすることがとても大切です。

花粉を物理的にシャットアウトし、体内、特に粘膜(目、口、鼻)に入れない、追い出す、ことが重要です。

ダブルマスク

ダブルマスクとは、その名の通り、「マスクを2重にすること」です。

騙されたと思ってやってみてください。

花粉への防御力が全然違います。

欠点は、2重になったゴムが少しきついことです。

でも、そのきつさがいいんです。

マスクがしっかりと顔に密着して、隙間ができないため、花粉が入ってくるのを完全シャットアウトします。

そして、ダブルフィルターの効果で、花粉が透過して鼻口に触れる確率は限りなくゼロに近づきます。

多少息苦しい(笑)のですが、花粉シャットアウト力が相当高いので、花粉ピーク時は、私はずっとダブルマスクです。

もう一つ、欠点としてはマスク代が倍かかります(笑)

なので、お徳用の極力安いマスクを探しては買いだめしています。

アイリスオーヤマ マスク プリーツ 大きめ 60枚入り NRN-60PL

鼻うがい

これはヤバいです。

最強です。

それでも入ってしまった花粉を、物理的に流し出す。

花粉自体が排出されて、無くなってしまえば、そもそも薬なんて飲む必要ないんです。

鼻うがいはちょっとコツが入りますが、説明書通りにやっていればすぐ慣れます。

鼻の奥、耳の奥ってカユいですよね。

私はずっと、「鼻の奥と、耳の穴の交差するポイント」がカユすぎて、摘出して書きたい衝動がありました。

鼻うがいは、そこにピンポイントで水(精製水)を流して、花粉を洗い流します。

鼻の奥を洗濯している感じですね。

一度、やり方に慣れてしまうと、すっきり気持ちよくて、まあクセになります

鼻の中に物理的に花粉が存在しなくなる喜びと言ったら。

鼻うがいはいろいろ出てますし、どれでもいいと思います。

私が使っているのはハナノアです。

この容器を入手するためだけに、最初はこれを買ってもいいと思います。

その後は、ハナノアの容器無しの大容量タイプを買ったり、他社製品のお徳用を買うのもいいと思います。

精製水に食塩を混ぜて、生理食塩水を自作するのもいいかもしれません。

ハナノア 容器付き

ハナノア 容器無し 大容量タイプ

精製水

空気清浄機

職場の先輩(重症花粉症患者)に「室内で花粉症が収まる」と勧められて設置しました。

家の中でダブルマスクはなかなかきついものがありますから、室内、特に寝るときには重宝します。

空気清浄機も花粉を物理的に吸い取って、無かったことにしてくれます。

寝る前に寝室でつけておくと、寝るときには花粉のない空間で快適に眠れています。

鼻がつまらなくて最高ですね。

寝ている間に鼻が詰まると、口呼吸になって、喉をやれれます。

空気清浄機導入前は、花粉(鼻詰まりからの口呼吸)が原因の風邪に苦しんでいました。

当時は、寝室が乾燥しないように濡れタオルを干したり、めんどくさかったですね(笑)。

鼻孔拡張テープをしたりして。

本当は、室内ごとに空気清浄機を置きたいのですが、そこまでお金をかけられないので、今のところは1台を色んな場所で使いまわしています(笑)。

日中はリビングで、寝る前は寝室で、という風に面倒ですが移動させて使ってます。

これが全部屋にあれば最高なんですが(笑)

どの空気清浄機でもいいと思います。今はだいぶ安くなりましたしね。

私が当時買ったのはダイキンのコンパクトなやつです。もう8年ぐらい使ってます。

ダイキンはやや高めですね。

でも、まあ国内空調トップメーカーですから、性能は文句なしですね。

花粉ガードメガネ

目はホントにカユくなります。

今は薬局や低価格メガネ屋さんなどで、ガードのついた花粉用ダテメガネがたくさん売っています。

私は基本的にこれがないと、春は死にます(笑)

構造はほとんど水中メガネ、ゴーグルですが、デザインの力で見た目は普通のメガネです。

ジンズのを使ってますが、オサレですね。

着こなしを邪魔しませんわ。

JINS花粉メガネ

手袋

目が痒いと、手の甲で掻いちゃいますよね?

これがやばいんです。

手についた花粉を目に、これでもかと塗りつけているようなものです(笑)

花粉で目がかゆくなる方は、絶対手袋をした方がいいと思います。

厚手だと暑いんで、薄手のガーゼグローブとかでいいと思います。

 

花粉除けスプレー

これは、薬品と言えば薬品なんですが、飲む薬では無いということでご紹介します。

玄関に置いておいて、外出するときに、マスク顔の上からシューっとするんですが、なかなかのバリア力です。

花粉は静電気に引き寄せられるんですが、スプレーのイオンの弾く力で、花粉が寄ってこないようにするものです。

ダブルマスクを嫌がる我が子に、学校に行く前にはシューッとしています。もちろん、目をつぶってもらって。

子供向けに作られたものも出ていますね。

イハダ 花粉ブロックスプレー

まとめ

薬を飲まない花粉症対策

以下の方法で、花粉を物理的にシャットアウトする

  • ダブルマスク
  • 鼻うがい
  • 空気清浄機
  • 花粉ガードメガネ
  • 手袋
  • 花粉除けスプレー

花粉を物理的にシャットアウトしながら、画期的な治療法が見つかるのを待ちましょう(笑)

では。

 

追記

先日、「鼻バリア」として、鼻にワセリンを塗ることが効果的、という情報を得ました。

実践したところ、大変大変効果がありました。

ワセリンによる花粉症対策についても、いずれちゃんとご紹介するつもりです。

※後日追記

「ワセリンによる鼻バリア」をやってみましたが、マスクと併用すると、素晴らしい効果でした!

指にワセリンをつけて、両方の鼻にぐりぐり思いっきり塗ります。

塗りすぎた余分は、最後にティッシュで拭き取ります。

その上からマスクを付けて、花粉の吹き荒れる中を一日外出。

結果、ほとんど症状が出ませんでした!

ツーっと垂れる鼻水、鼻づまり、くしゃみ、ほとんで出ません。

こりゃすごいわ。

来年度も続行決定です。

ちなみに、ワセリン鼻バリアが効果的な理由ですが、

花粉は普段カプセルに閉じ込められており、鼻水などの水分と接触するとカプセル割れ、中から花粉が出てきてアレルギーを引き起こします。

ワセリンは油なので、水分をシャットアウトし、花粉カプセルの破裂を防ぎます。

水は油を弾く、いわゆる「水と油」ってやつですね。

鼻の中に塗ったワセリン(油)が、花粉カプセルをキャッチし、鼻水との接触を遮断し、カプセル破裂を防ぐというわけです。

NHK公式『ガッテン!』ワセリン鼻バリアの回

 

-花粉症
-

Copyright© 私が長年試して、実際に体調改善できた健康法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.