グルテンフリー

【グルテンフリーって何?】グルテンフリーとは「小麦による支配からの卒業」です

グルテンフリーって結局何なんでしょう?

私は、「小麦の支配からの卒業」だと思います。

あー、懐かしいですね、尾崎豊。

 

ちょっと大きいことを言ってしまうと、人類は小麦に支配されていた面もあるんです。

 

グルテンフリーとは、小麦の支配から自由になること、かもしれない。

支配のイメージ画像

遠い昔、人類が農耕を始める前までは、小麦さんは世界の片隅にひっそりと自生する、超マイナーな穀物だったわけです。

それが、農耕を覚えた人間に見いだされ、やがて大規模に栽培されるようになりました。

これによって人類は、やれ狩りだ、やれ採集だと、命をかけた遠征をしなくて済むようになり、いわゆる「定住」がナウいトレンドとなりました。めでたしめでたし。

人類は小麦を支配し、安定した食料供給と安寧の暮らしをゲットしたわけです。

しかし、小麦さんの視点で見ると、これが一変します。

 

人類を支配していたのは小麦のほうだった?

小麦さんからすると人間は、自分たちを広めてくれて、昼夜付きっきりで面倒を見てくれる、なんとも「都合のいい男」だったのです。

超甘やかしてくれるパトロンだったのです。

小麦さんも生命ですから、一番のやりたいことと言えば「生存と繁栄」です。

人間は、小麦の生存と繁栄を、代々、その人生をかけて請け負ってくれました。

一方で、人間は小麦さんを繁栄させるために、(まあ自分でも食べるんですけど)、朝から晩まで365日、ゴールデンウィークもシルバーウィークも休まず、手間ひまかけて、やれ水やりだ、やれ肥料だ虫よけだ、と精を出してきたのです。

これは、どっちが主人なのか、よくわからんです。

ある意味、人類は小麦の奴隷でありました。

もっと詳しく調べたい方は、ユヴァル・ノア・ハラリ先生の名著『サピエンス全史』をどうぞ。

⇒『サピエンス全史(上)』

そのうえグルテンが人体に悪いし

小麦の含むタンパク質である「グルテン」は、私のように耐性を持たない人にとっては、体調を崩す原因になります。

脳機能の低下、頭痛、吐き気、体内の炎症など。

栽培のしやすさから広がった小麦ですが、手軽な分、体に合わない場合は代償が多いのも事実です。

ちなみに、小麦を食べるようになってからの人類は、それ以前に較べて平均身長が低いそうです。小麦には成長を抑える弊害が疑われています。

ちなみにちなみに、古代ローマ人は、小麦が主食でした。

カルタゴやガリアなど、周辺の他民族に較べて体格に劣るローマ人でしたが、人々の結束は強く、市民から選ばられた市民軍である初期のローマ軍兵士は、システム化による組織力で無双の強さを誇りました。

体格のハンデをバネに、知恵と勇気で繁栄を勝ち取ったローマ人の例もありますので、一概に小麦批判もできませんけどね。

 

 

で、グルテン「フリー」

「フリー」の意味は、「〜から自由になる」(free from〜)です。

グルテンの支配から自由になるのがグルテンフリー。

私は4年ほど小麦を抜いた食生活を続けていますが、頭のくもりがすっきりとれています。(あくまで個人の感想です)

信じるか信じないかは、あなた次第です。

 

↓ちなみに私は、この本を読んで、グルテンフリーを実践するようになりました。相当な影響を受けたと思います。

 

 

-グルテンフリー
-,

Copyright© 私が長年試して、実際に体調改善できた健康法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.