おすすめ本 副業

【前田裕二『メモの魔力』書評】 ノートを買って試してみた

今更ながらですが、ベストセラー『メモの魔力』を読みました。

いや、まだ読み切ってないんですが、見切り発車が多い私は、さっそく方眼ノートを買って実践してみました。

感想としては、備忘録としてのメモ機能というより、思考ツールとしての機能が非常に優れているので、今後も続けていこうと思いました。

 

前田式『メモの魔力』メソッドのすごさ

ノートとペン

読書自体は脇において、2日間、試しに前田メソッドでメモ書きをはじめました。

これはすごいかも!と感じた点が2つあります。

すごさ① 常にファクト(事実)に基づき、考えをスタートできる

前田氏が『メモの魔力』で提唱している書き方は、

  • 方眼ノートを見開き左右で使う
  • 左ページにファクト(事実)のみを書く
  • 右ページを縦半分に分ける(縦線を入れる)
  • 右ページの左側に、ファクトを「抽象化」する
  • 右ページの右側に、抽象化したものを自分の事に「転用」する

 

具体的にはこんな感じ。

(左ページ) (右ページ)
ファクト(事実) 抽象化 転用
働き方改革、AI化で労働時間が減り、余暇時間が増える →暇つぶしの時代の到来 →暇つぶしのコンテンツを提供する(動画やブログなど)

 

必ずファクト(事実)からメモをスタートします。

ファクト(事実)からものごとを考えていきます。

するとどうなるか?

事実からかけ離れた「自分の思い込み」に基づいた、誤った考えを導き出すことが少なくなります

ファクトベースで戦略を練れるようになるんです。

ファクトと言えば、もう一つのベストセラーがありました。

『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』

ファクトに基づき世界を見ることって大事ですね。

 

 

 

すごさ② 無意識の脳機能を活用したアイデア発生装置

もう一つのすごい点が、「無意識の脳機能活用」です。

さっきの表で示した、前田式メモの取り方ですが、書き始めたとき、書いてる途中では、こんな感じになりますね。↓

 

ファクト(事実) 抽象化 転用
働き方改革、AI化で労働時間が減り、余暇時間が増える    

 

ファクト(事実) 抽象化 転用
働き方改革、AI化で労働時間が減り、余暇時間が増える →暇つぶしの時代の到来  

 

空白を左から、だんだんと埋めていく。

これがミソです。

人間の脳には、無意識に「空白を埋めようとする働き」があります

これを利用して、「空白があるとなんか気持ち悪い」状態を意図的に作り出します。

まずは、ファクトだけ書くんです。

で、しばし放置。

ノートを眺めていると、なんか空白が気になる。

違うことをしてるとき、ぼーっとしてるとき、この空白を埋める言葉がフッと浮かんだりする。

これって、すばらしい「アイデア発生装置」だと思うんです。

しかも「ファクト(事実)のみに基づいた」アイデア

大変よくできた「思考フォーマット」だなぁって思いましたね。

 

ちなみに、NHKスペシャル『人体』の脳編で観たのですが、

アイデアが出やすい脳の状態っていうのは、

・ぼーっとしている時

・散歩中

・風呂や就寝前のリラックスしている時

だそうです。

ひらめきを起こしている時の「脳の神経ネットーワークの活動状態」が、上記の時の活動状態ときれいに一致するんだとか。

 

話がそれましたが、前田式メモは、備忘録機能よりも思考ツール機能として素晴らしいので、着手して良かったです。

まだまだ未読部分に、いろいろメモテクニックが載ってそうなので、読破したらまたレポートするかもしれません。

 

-おすすめ本, 副業
-, ,

Copyright© 私が長年試して、実際に体調改善できた健康法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.