アーシング

工藤夕貴の元気の秘訣は「アースしてる」こと!(今夜くらべてみました)

先日、日本テレビ系テレビ番組『今夜くらべてみました』で、ハリウッド女優の工藤夕貴さんが主催する「工藤塾」の様子が放送されました。

「工藤塾」は、富士山麓の大自然のなか、自給自足生活を送る工藤夕貴さんの日常を、都会育ちの若手女性タレントさんたちが体験するというもの。

ゆきぽよさんらギャルの子たちが、田植えや栽培、火おこしに奮闘します。

今夜くらべてみましたでの工藤夕貴さん

独特の言動が賛否両論を巻きを越している工藤夕貴さんですが、

なかでも印象的なのが「アースしてる」様子。

「アース」って?

冷蔵庫やエアコンについてますよね。アース線。

あれと同じで、人体が大地に「直接」触れることで、体内の電気を放出するというものです。

独特な発言で物議を醸している(笑)工藤夕貴さんですが、実は、「アースしてる」には、それなりの根拠があります。

 

工藤夕貴さんの「アースしてる」はアメリカですでに認知されている健康法だった。

アメリカでは「はだしで大地とつながる=アーシング(グラウンディングとも言う)」が数年前からブームになっています。

火付け役となったのは、クリントン・オーバー著の『不調を癒す《地球大地の未解明》パワー アーシング すべての人が知っておくべき重大な医学的真実!』です。

本書では、靴を脱いで裸足で大地に触れることで、あらゆる不調が改善した事例が紹介されています。

簡単にまとめた動画はこちら↓(再生時間:1分40秒)。

 

また、日本でもアーシング・ジャパンという協会があり、普及活動やアーシンググッズの紹介を行っています。

 

「裸足や素手で大地に触れると元気になる」という経験的な事実が、ゴム底靴の普及で忘れられてしまった。

家電に囲まれた現代、私達の体は常に多くの電気で帯電している状態。

一方、現代の靴や家の床は、電気を通さない絶縁体ばかりなので、体内に電気が溜まりっぱなし、放電されません

体内に残った自由電子(フリーラジカル)は、からだのいたるところで「炎症」の元になります。

「炎症」は、鬱、アレルギー、腫瘍、難病など、さまざまな現代病の原因とも言われています

ゴム底靴が普及する前は、大地への放電が頻繁に行われていました。

ところが現代、ゴム底靴やコンクリート住居といった電気を通さない「絶縁体」に囲まれ、さらに電気を発する大量の「家電製品」に囲まれている私達の生活。

現代は「電気まみれ」と言っても過言ではなりません。

 

今と昔、くらべてみました。

 
家電 少ない 多い
足もと 裸足、革靴、草履 ゴムやプラスティック等の電気を通さない靴底
大地との接触 多い(農耕生活) 少ない(都会生活)
健康状態 元気健康 現代病の蔓延(鬱、炎症、アレルギー、難病)

手軽にできる「アース」

工藤夕貴さんの生活は、農作業を通じてダイレクトに大地に触れる機会にあふれています。

生活の中で自然に「アース」され、体内の電気が放出され、炎症を防ぎ、脳細胞や臓器細胞が健康に働くようになります。

でも、なかなかそこまでのワイルドライフに戻るのには抵抗があるし、今の生活からするとちょっと難しい…、と思われる方も多いでしょう。

では、日常の中で手軽に「アース」する方法はないでしょうか?

例えば、植物に一瞬触るだけでも、体内電気の放出は行われます

ふと見つけた木や花にちょっと触れてみる

それだけで、パソコンまみれ家電まみれで帯電した私達の体が、多少なりともリセットされます。

また、公園でちょっと裸足になってみる、海水浴に行く、などもアーシング効果があります。

それも難しければ、アーシング専用の靴やサンダルもあります。

靴底が電気を逃がす素材でできたものです。

また、日本には古くから、草履や下駄など、天然素材でできたクラッシクなアーシングシューズがありました。

私が一番オススメするのは、思い切って裸足で公園を歩き回ることです。

20分もすると、体が本当に軽くなり、気分も心地よくなってきます。

 

ちなみに最初にご紹介したアーシングの本、『不調を癒す《地球大地の未解明》パワー アーシング すべての人が知っておくべき重大な医学的真実!』

はけっこう分厚いガチ書籍なので、入門編というか、アーシングの概要をざっくり知りたい方には、ポイントだけをまとめたこちらのムック本がおすすめです。

 

最後にご紹介するのは、私が使っているアーシングサンダルです。

裸足が一番いいのですが、いつも裸足とはいきませんので夏場はだいたいこれです。

-アーシング
-, ,

Copyright© 私が長年試して、実際に体調改善できた健康法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.