グルテンフリー

グルテンフリーの効果的なやり方【外食編】

めい
グルテンフリーを始めてから、外食の傾向が変わりました。

小麦粉を使った料理が多いか?少ないか?を基準に選ぶようになりました。

グルテンフリーでオススメの外食、おすすめしない外食

外食のイメージ写真

洋食→✕

洋食は小麦料理が多い筆頭です。

ハンパーグのつなぎ、カレーのとろみ、ホワイトソースのとろみ、ナポリタン…

けっこう頻繁に小麦粉を使っています。

なので、私はなるべく洋食店には近づきません(笑)

でも、例外としてステーキはOKです。

ハンバーグと違って、肉のまんまですから。

三大栄養素であるタンパク質と脂質が摂れ、栄養的にも素晴らしいです。

 

イタリアン→✕

イタリアンもグルテンフリーを始めてから、足が遠のきました。

言うまでもなくパスタ、ピザです。

小麦料理ど真ん中。

グルテンフリーを始める前は、イタリンは大好きでよく食べていたのですが、小麦を断ってからは、たまに口にすると、頭がぼんやりして、ひどい場合は頭痛、吐き気に襲われます。

無理して食べないわけではないのですが、自然と行かなくなっちゃいましたね。

イタリアンにも例外があって、リゾットはOKです。

小麦粉を使ってないお米ですから。

中華→△

中華もメニューによります。

もちろん麺類は小麦粉なので頼みません。

チャーハンや炒め物を頼むようにしています。

ギョーザの皮は、肉厚だとグルテン強めです。

どうしても食べたいときは餃子の皮を剥いて、中身の餡だけ食べます。

作った人にものすごく失礼なので、なるべく注文しませんが…。

私は、エビチリや回鍋肉、ニラレバ炒めなどの皿料理を頼むことがほとんどです。

 

フレンチ→○

フレンチで小麦に出会うことはあまりありません。

というか、フレンチ自体に出会うことがあまりありません(笑)

たまーに食べると、小麦がはなから眼中にない、という感じで料理が出てくるので感激します。

 

和食→△

和食は意外と小麦粉を使うんです。

天ぷら、うどん、そばのつなぎ、カツ丼の衣、などが代表です。

それ以外はほとんどグルテンフリーなので、やっぱり基本は和食になりますね。

寿司、ご飯、焼き魚、味噌汁、肉じゃが…

和食はグルテンフリーにとって、非常に選びやすい外食です。

グルテンフリーの外食は、メニューの豊富さも選定基準

料理ジャンルにかかわらず、メニューが多いことも外食店を選ぶ大事な基準です。

とりあえず入店してから、小麦なしのメニューを選ぶこともできますから。

私がよく行くのは、王将、大戸屋、ファミレス、定食屋さんが多いです。

最近は、糖質オフブームもあって、パン抜きバーガーや、麺抜きのラーメン、麺抜きのちゃんぽんなど、グルテンフリーにとって選択肢が増えてきたのがうれしいですね。

 

↓ちなみに私は、この本を読んで、グルテンフリーを実践するようになりました。相当な影響を受けたと思います。

 

 

-グルテンフリー
-

Copyright© 私が長年試して、実際に体調改善できた健康法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.