グルテンフリー

糖質制限とグルテンフリーの違い。グルテンフリーの方が優れている理由。

流行ってますね、糖質制限。

「ロカボ(Low-carbo=炭水化物が低い) ダイエット」という言葉もよく耳にします。

食事の炭水化物を少なめにすると、ダイエットなどの効果が期待できるというものです。

炭水化物は、糖質を多く含みます。

 

「グルテンフリー」は糖質制限も同時にできちゃう

糖質の多い食事の写真

「糖質」を取りすぎると太ります。健康も害しやすくなります。

全く糖質を取らない、ストロングスタイルの糖質制限を試したことがありますが、1周間ぐらいでフラフラしてきたのでやめました。

原因は、私の体がエネルギーを作る際に、未だ従来の「糖質」をガソリンとしており、「脂質」をガソリンとする「ケトジェニック」体質になりきれていないことだと思います。

それ以来、ご飯などの炭水化物はほどほどに取ることにしています。

ただし、私は数年来のグルテンフリー実践者なので、パンやパスタ、ラーメン、うどんはご法度です。

食べると頭痛と吐き気が来るし、グルテンを含む食材を食べない時の方が、体(特に脳機能)のコンディションがすこぶるいいです。

さて、糖質制限とは、特段甘いものを食べなくても、「ご飯や麺、パンなどの炭水化物は、結局は糖質になるから肥えるぜ」というものです。

私のようにグルテンフリーをやっていると、自然と食べられる炭水化物の種類が限られてくるので(米、十割そば、こんにゃく麺、米粉パンなど)、結果として糖質制限に近いことをやっていたわけです。(どうりで太らんわけだ。)

グルテン グルテンフリー
小麦のパスタ(糖質多い) こんにゃくパスタ(糖質少ない)
小麦のラーメン(糖質多い) こんにゃく麺(糖質少ない)
よくある小麦配合 二八そば(糖質多い) 十割そは(糖質少ない)

ただし米を食べすぎないこと

米はグルテンフリー実践者にとって、気にせず食べられるありがたーい炭水化物さまです。

ありがたいあまりに、ついつい食べすぎると、「糖質制限」という意味では結構ヤバいのかもしれません。自戒を込めて。

グルテンフリーを実践すると、自然と高タンパク低カロリーになりやすい

糖質制限もそうですが、グルテンフリーをやっていると、自然と高タンパク低カロリーになりがちですね。ライザップもびっくり。

とにかく肉には目がなく、肉肉野菜、肉野菜というワイルドライフな食生活です。これがまた私にとってはですけど、具合がいい。

あと、卵。卵最強。

ほぼ完全食だし(ビタミンCと食物繊維以外のすべてが入ってる!)、何より安い。優秀すぎる食材です。

昔は、ゆで卵食べまくっている板東英二を笑っていたものですが、今は笑えません。私≒板東英二です。板東英二の先見の明と言いますか、リスペクトです。それ以外よく知らないですけど。

 

↓ちなみに私は、この本を読んで、グルテンフリーを実践するようになりました。相当な影響を受けたと思います。

 

-グルテンフリー
-

Copyright© 私が長年試して、実際に体調改善できた健康法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.