おすすめ本 副業

【営業テクニック本】一番のおすすめは『営業の魔法』

営業の本はいろいろ読みましたが、中でもイチオシはこの本。

今後も繰り返し読む予定。

  • 対人セールス、ネットセールス、どちらにも役立つ
  • ストーリー形式で読みやすい
  • テクニック紹介もあるが、マインド・考え方の基本が身につく

『営業の魔法』中村信仁(著)

どんな内容かというと…

「売らない営業」

物語の中で推奨されているのは「売らない営業」。

買ってください、買ってください、と連呼して売ろうとする営業はダメ。

まずは、お客さんに「何か困っていることはないか」を聴く。

お客さんの課題を一緒に解決することを考える。

その解決策の一つとして、商品を提示する。

その時もやはり、売ろうとするのではなく、ただただ商品の価値を、ベネフィットを伝えるだけ。

結果、売れる。

それが「売らない営業」。

 

営業だけでなく、人づきあいの基本「相手の立場に立つ」が身につく

本書では、営業に役立つだけでなく、人付き合いの基本中の基本が身につく。

それは、なにをおいても「相手の立場に立つ」ということ。

そういえば、私も小学校で教わりました。

「自分がされてイヤなことは人にもしちゃダメよ!」って。

それは大人になってからも変わらない原則。

営業においては真髄。

「自他尊重」のその先に、良い商品が売れていくのかもしれません。

 

テクニックを超えた先に

本書では様々な営業テクニックが、ストーリーの中で自然と紹介されていきます。

もちろん、これらのテクニックが有効で重要なのは言うまでもありません。

でも、最終的にはその人の中にある人間性、というか、「自他尊重」のマインドが大事で、その基本精神があれば、テクニック(のように見える行動)は、自然と漏れ出して来るのかもしれません。

最後は、根本は、その人そのものの、丸出しの人間性、マインドセットが根幹になるのだと思いました。

 

自分の「受け取る器」を大きく育ててれば、あとは「受け取る」だけ

人間としてどう「在る」か。

それが人の器です。

器が大きければ、たくさん「受け取る」ことができます。

器を大きくするには「与える人」になること。

より多くの人に快を与えること。

器が大きくなったら、あとは「受け取る」だけです。

 

そんな感じのことを思わせる本です。

『営業の魔法』中村信仁(著)

 

-おすすめ本, 副業
-

Copyright© 私が長年試して、実際に体調改善できた健康法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.